旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


まずは、決算ハイライトから

まずは、コメ兵のホームページ上にある決算ハイライトから、
今回の4-6月期決算をおさらいしてみます。

コメ兵ハイライト0801

昨日の説明通り、売上げ、純益はユニクロ並みですが、
内容を良く見ると、残念ながらユニクロ並みとは行きませんでした。

売上げの10%増は立派です。
ただし、営業利益・経常利益は伸びてはいるものの、伸びの角度は鈍化傾向です。
にも関わらず、純益だけは従来並みの伸びを示しています。

これは、いったいどういうことでしょう?

四季報やネット上の結果数字だけでは、なんとも言えませんね。
やはり、決算書を読み解く会計の知識が必要なようです。

答え合わせはまた明日。

↓クリックよろしくお願いします。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


決算短信の見方

コメ兵の第1四半期決算短信から、損益計算書をみてみます。
コメ兵PL

これを、昨日のグラフと見比べると、
売上げが10%増えているのに、
営業利益は5%ほどしか増えていません。

ただし、特別利益として受取保険金が、たまたまあったので、
(往々にして、企業が決算書の見栄えをよくするために、
 意図的に特別利益を出して帳尻をあわすことも多いのですが・・・。)
純利益だけは、伸びています。

では、営業利益が伸びなかった原因はどこにあるのでしょう。

①原価が増えて、粗利が下がっているのか?
②粗利は増えているのに、販売費及び一般管理費が増えて、営業利益を押し下げているのか?
確認しなければなりませんね。

四季報には、「人員確保や改装負担が重いので今期は減益予想」となっていますが、
もし、そうなら、②が原因です。

この場合、前期の損益計算書と比較する必要があります。
同じ決算短信の8ページを見ると、
コメ兵前期PL

調べると、販売費及び一般管理費はさほど増えていません。(やはり四季報はハズすのか?)
反対に、売上原価は、7億も増えています。

その結果、売上げは7.5億も増えたのに、営業利益は2千万円しか増えませんでした。

原価が増えたため、利益率も落ちてしまっているのです。

これはなぜでしょうか?

それについては、また次回。

↓ちょっと相場がよくなると私のランクは下がります。
↓今日もクリックお願いします。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


今週の結果発表

先に今週の結果発表しておきます。

080801.jpg

やはりコメ兵は、私同様マーケットも、もう少しよい決算を期待していたようです。
短期的には、少し下げてしまいました。

ただ、軒並み減益や赤字の決算発表が続く中、
コメ兵は増収増益決算でした。

メチャメチャ良くも無かったけど、悪くも無かった。

他にもっと良い銘柄があれば、乗り換えても良いのですが、
とりあえずは、このブログの趣旨的にも慌てないことにしましょう。
ストーリーそのものが変わったわけでは無いのですから・・・。

それでは、コメ兵の決算分析に戻りましょう。

↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


利益率低下の原因

利益率が低下した原因については、一応決算短信に書いていました。

無題
ただ、これまた往々にして企業は重要なことを隠したり、
多少のウソが含まれたりすることもあるのです。

社員には、「何が何でも前期比10%UP!!」などと言っておきながら、
株主に対しては、「今期は経営環境が厳しく、前期比10%DOWNの予定です。」
程度のウソなら日常茶飯事です。

コメ兵の利益率低下について話を戻すと、
もし、在庫圧縮を目的に販売価格を抑えたのであれば、
前期末と比べて在庫が減っていないといけません。

これは、貸借対照表をみれば確認できます。

コメ兵貸借対照表

前期末と6月末で商品(在庫)の金額はどれほども変わりません。

「在庫圧縮を目的に利益を落として販売したのに肝心の在庫は減っていない!!」

ちょっと黄色信号ですね。

「ひょっとして、他に原因があるかもしれない。」

こんな風に一応は疑ってみるべきです。

では、次にこの原因を確認するために何をすればよいでしょう。
ピーターリンチやフィッシャーは「不明点があれば、企業に直接聞けば良い。」と教えてくれます。

もちろん、私もコメ兵に電話してみました。

経営企画部のIR担当者からは、次のような答えが返ってきました。

「確かに期末商品在庫と6月末商品在庫はどれほども変わりません。
そうではなくて、4-6月中の買取(仕入れ)が急激に伸びたため、
その速度にあわせて、販売も強化いたしました。」

なるほど、売り上げが10%伸びたのに対して、
原価のほうは10%以上伸びていて、
それで、商品在庫は期末と変わらないわけですから、
買取は売り上げ以上に伸びていたことが確認できます。

どうやら、この会社はウソをついているわけではなさそうです。

よろしいでしょうか?

①まずは、損益計算書と貸借対照表をじっくり分析する。
②次に、文章を読んで原因を確認する。
③それでも疑問が残れば、企業に直接聞く。

たった300株の俄かホルダーですが、ちゃんと対応してもらえましたよ。


↓今日もクリックありがとうございます。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


棚卸資産回転期間

もし、銀行の貸付担当者や税理士など普段決算書を見慣れた人が、
これがコメ兵と知らずに、ここの貸借対照表を見ると、
「もしかしたら、粉飾かもしれない・・・。」
もしくは、
「在庫が多すぎる!!」
と文句を付けたくなるでしょう。

というのも、商品÷資産合計=58%もあるのですから!!
(前回ここにアップした貸借対照表参照)

けど、総資産に占める商品の割合が多いからといって、
「在庫が多すぎる」と決め付けるのは早計です。

それでは、適正な在庫はどのように図るのでしょうか?

これをみる指標に棚卸資産(商品)回転期間というのがあります。

具体的には、(商品)÷(一ヶ月当りの売上)で測ります。

これも決算短信の損益計算書と貸借対照表を見比べて計算すると、
4.1ヶ月という数字が出てきます。

この数字を同業他社やコメ兵の過去の数字から比較するのです。

ただ、同業他社といっても、
似たような商品を似たような業態で扱っている会社なんてありませんから、
比較のしようがありません。

もし、同じ小売という理由で、ユニクロ(ファーストリテイリング)と比較なんかしたら、
おかしなことになってしまいます。
向こうは1ヶ月未満の在庫で回転させているのですから・・・。
(ブックオフやハードオフも、業態は似ていますが、扱っている商品が違います。)

そこで、時系列でこの会社として現在の水準が高いか低いかを見ていくのです。

(つづく)

↓今日もクリックお願いします。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


時系列での分析

棚卸資産回転期間の意味を書くのを忘れていました。

これは、決算期末の在庫商品を、今のペースで売って行ったら、
何ヶ月で売り切ってしまえるか?

を表しています。

この期間が長いと、それだけ在庫が多いことになりますし、
この期間が短いと、それだけ在庫が少ないことになります。

在庫は少ないほうが安全ですが、
あまりに少ないと、販売機会を逸してしまい、マイナスです。

絶妙のバランスで在庫をコントロールしないと、商売はうまく回っていきません。

では、元に戻って、コメ兵の有価証券報告書から過去6期分の
売上高総利益率と棚卸資産回転期間を見ていきます。

            売上高総利益率  棚卸資産回転期間
平成15年3月期    23.5%        3.0ヶ月
平成16年3月期    25.2%        3.7ヶ月
平成17年3月期    24.1%        3.5ヶ月
平成18年3月期    23.8%        4.3ヶ月
平成19年3月期    23.1%        4.0ヶ月
平成20年3月期    24.6%        4.1ヶ月
平成19年4-6月期 (26.9%)      (4.5ヶ月)
平成20年4-6月期 (24.4%)      (4.1ヶ月)

意外にも売上高総利益率は、23~25%で安定しています。

また、棚卸資産回転期間の方は大きくブレているようですが、
ここのストーリーを追っかけてみると、
それほど不自然ではありません。

平成17年3月期→平成18年3月期の間に、
3.5ヶ月→4.3ヶ月と大きく在庫を増やしている点は気になります。
けれども、これは、東京の旗艦店である「新宿店」を出すために、
一時的に品揃えを増やしたため、やむをえない現象です。

その後、在庫は若干減りましたが、まだ高水準です。
名古屋と東京では微妙に勝手が違うのでしょう。
いろいろと試行錯誤が伺えます。
もちろん、今四半期決算で、在庫を抑えるために販売促進を強化したというのも頷けます。

また、4.1ヶ月という期間は、コメ兵の業態から考えると、
さほど大きな数字とは思えませんね。
常識的です。

もし、粉飾していたり、会社が傾きかけたりすると、この数字が、
非常識なほど膨らむのです。

そういう意味ではとりあえず健全といえるでしょう。

どうやら、ここのノウハウの一つに、
在庫と利益率を両睨みで絶妙にバランスさせながら、
リスクを回避しつつ利益を残す、というのがあるようです。

ただ、よくよく上記表を見比べてみると、
むしろ、平成19年4-6月期(前年同期)の同利益率と在庫の方が異常に見えます。

これについても、この数字だけを見て判断してはいけません。
企業によっては季節毎に特殊な要因があって、
ある季節、急に売上げが増え、ある季節、急に売上げが落ちる業種も多いのです。

それでは、続きはまた次回

↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


四半期毎の特性をみる

すみません。2日ほど出張に行ってました。

では、四半期毎のコメ兵の傾向を見てみます。
再び、決算ハイライトから。
コメ兵ハイライト0807

これを見ると明らかな傾向がありますね。
売上げは、ここ3年ずっと成長していますが、
四半期毎の大きさはほぼ均等です。

一方利益の方は、明らかに季節的な偏りがあります。
第3四半期に大きく利益をとって、
第2、第4四半期はほとんど利益を取らずに売っています。

第3四半期(10-12月期)には、なんと言ってもクリスマスがありますからね。

えっ?クリスマスプレゼントに中古品??

ちょっと驚く事実ですが、
必ずしも他人へのプレゼントでなくて、
自分に対するプレゼントかも知れませんよね・・・。

また、銀座や歌舞伎町などのお水のお姉さん方にも
大量のブランド品プレゼントが出回りますから、
「また、おんなじなの貰っちゃった。コメ兵に持っていってお金にしとこ。」
みたいなこともあって、全く新品同様の中古品が店頭に並ぶ点も見逃せません。

このように、企業の収益体質を見るときには、
四半期毎の収益水準を見ていくことも重要です。
決算書を見慣れてくると、さらに、
前回やったような財務分析数字の四半期毎の傾向などを見るのも良いでしょう。

けど、うちの奥さんにコメ兵で買ったプレゼント贈って、
それがバレたら、怒るやろうなぁ~・・・。

↓なんだか順位が上がりました。
↓今日もクリックお願いします。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


uni、かつやとも増収でしたが・・・。

今日は、三菱鉛筆、アークランドサービスの4-6月期決算発表がありました。
予想通り、両社とも売上げを伸ばしていますが、
残念ながら、純益の方は、どちらも若干のマイナスとなってしまいました。

三菱は増収増益も、為替差損が出て、小幅マイナス。
ALサービスは、売上総利益は順調でしたが、出店コストが嵩み、小幅マイナス。

ピーターリンチが言うところのストーリーには問題がありませんから、
もちろん、売るつもりはありませんが、
ちょっと明日は株価が下がるも知れませんね・・・。

両社の決算書をずいぶん読み込んでいたので、今日は遅くなってしまいました。
また、明日から詳しく解説していきます。

なんだか、決算解説ブログになってきましたね。

↓決算はも一つでしたが、ランキングは何と3位!!
↓今日もクリックお願いします。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


今週の結果発表

080808.jpg

今週はいろいろありました。

まず、昨日のALサービス、三菱鉛筆の4-6月期決算発表。

これを受けて、ALサービスは大きく下げました。
コメ兵も深押しぎみです。

もちろん、決算内容はサプライズに良いわけではありませんでしたが、
かといって、決して悪い内容ではなかったのですが・・・。

ピーターリンチは、数ヶ月単位では、株価はファンダメンタルズとは大きく異なる動きを見せるが、
数年という単位では、必ず、ファンダメンタルズを反映すると説かれます。

鈍感力で行きますか・・・。

逆にパイロットは、サプライズでした。
円高の逆風や世界不況を跳ね返し、早々と通期の上方修正を出したのですから・・・。

というわけで、私の100万円はちょっぴりマイナスになりましたが、
まぁ、気にすることはなさそうです。

↓本当に皆さんのクリックのおかげで次々と読者が増え始めました。
←新しい方は、ぜひ、「エナフンさんの梨の木」も読んでいただければ幸いです。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


アークランドサービス中間決算おさらい

しかし、わからないものです。

決算分析を始めたあたりから、次第にアクセス数が増え、
人気ブログランキングも赤丸急上昇なんですから。

まさか、こんなところにニーズが隠れているとは・・・。

確かに、こんなことやっているブログも他に無いしね。

ちなみに私がこのブログを開設した最大の狙いは、
←世界一簡単な理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」を
皆さんに公開したかったからです。

←ぜひ、そちらも読んでみてください。

さて、話を元に戻しますが、
アークランドサービス(かつや)の中間決算です。

ALサービス中間決算

一言で言うと、売上げ、粗利とも順調そのものでしたが、
出店コストという一時的な費用が増えたため、
最終利益がダウンした決算といえるでしょう。

コメ兵も、東京に進出した年は、一時的に利益を落としました。
あれと同じですね。

では、新規出店コストってどういったものなのでしょう?
それは、また次回。

↓このブログは皆さんの暖かいお気持ちで上位をキープしております。
↓本日もクリックよろしくお願いいたします。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


アークランドサービスに聞いてみました。

新規出店コストって言われても、いったい何なのか?

会計に多少明るい人でも、ピンとこない概念ですね。

実際、企業はこの手のあいまい表現を楯にして、
実際は悪化している業務内容をごまかすこともあるのですから・・。

そこで、いつものようにピーターリンチやフィッシャーの言いつけ通り、
「わからないことがあったら、直接聞く!!」
を実践しました。

以下がアークランドサービスからのメール回答です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
○○様

この度はお問い合わせ頂きありがとうございます。

アークランドサービスの○○でございます。

さて、お問い合わせ内容についてですが、
前期に比べ販管費が増加している要因は、
前期の直営店舗数61店舗に対し当期74店舗と13店舗増加していることに伴い、
販管費の各項目が増加したことによるものであります。

また、新店の出店費用の主な内容は、
固定資産とならない備品や消耗品、新規開店に伴う人件費や販促費、
不動産仲介業者への仲介手数料などであります。
新規出店につきましても、前期3店舗の出店に対し当期11店舗と8店舗多く、
上記費用が多く発生いたしましたが、出店費用につきましては一時的なものであります。

以上何卒よろしくお願いします。

*****************************************
アークランドサービス株式会社
〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町1-8-4
ニュー千代田ビル5階
TEL : 03-5298-5281 FAX : 03-5298-5271
E-mail : ○○○○○○○○○○○○
*****************************************
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ここもちゃんと回答してくれましたよ。

だって、株主って、その会社の一部を所有している部分所有者なんですから、
当たり前といえば当たり前の対応なんです。

ちなみに私は以前この会社の本社にも伺ったことがあります。

あまりに出鱈目に株価が安いので、気になって、様子を見に行ったのです。
(無借金経営の成長企業なのに、PER5倍なんですから・・・。)

そこは、エレベーターも壊れそうな秋葉原の雑居ビルに入っていました。

私は興奮しました。
「まさしく、こここそピーターリンチが提唱する超成長株だ!!」

なぜなら、ピーターリンチは、その著書「株式投資の法則(ダイヤモンド社)」の中で、

【ピーターの法則7】
本社ビルの仰々しさと、経営陣が株主への利益配分を嫌がる度合いは、
明らかに正比例している。

と、書き、本社がボロい会社こそ、
「どこに金を使うべきか!!」経営者は良くわかっている。

と教えてくれるのです。

そのときもIR担当者は丁寧に対応してくれました。

「なんでわが社の株価がこんなに安いんでしょうか?不思議でしょうがないんです!!」
とも教えてくれました。

なんだかんだ言っても社員がその会社のことは一番わかっています。
その人からこんなコメントが飛び出すのですから、
もう買わずにはいられませんね。

ちょっとわき道にそれてしまいました。
アークランドサービスがいかにピーターリンチ型超成長企業の条件を兼ね備えているかは
また、別の機会として、このメール回答から、もう少し出店コストについて考えて行きましょう。

↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


出店コストを大雑把に説明すると・・・

それでは、出店コストについて大雑把に説明します。

人間の脳というものは、新しい物事を理解するときに、
まず大雑把に捕らえてから、
次に詳細を理解しようとするそうです。

ですから、ここでも、まずは大雑把に物事を見ていきます。
(「エナフンさんの梨の木」でもかなり細かい点はハショりました。)

アークランドサービスの説明をそのままイメージにしますと、
次のようになります。

出店コストイメージ

OPEN初日から、大量に客を呼ぶために、地域にチラシを配布したり、
割引券を配ったり。(販促費)

OPEN前に、食器類や制服等の他にも洗剤などの細々したものをそろえる必要があります。
(固定資産にならない備品・消耗品)

さらには、場所を借りるのに、不動産仲介手数料。

また、OPEN前から、家賃は発生しますし、
アルバイトの方々を集めて、研修を繰り返しますから、
その時の時給も支払わないといけません。

こういったものを総称して出店コストと呼んでいるようです。

これらは、損益計算書上では一まとめに【販売費および一般管理費】とされますから、
どこまでが出店コストでどこからがランニングコストか、
良くわからなくなってしまうのです。

そこで、この出店コストが、どのくらいかかるのか?
現時点では、ある程度想像力でクリアするしかありません。

例えば、チラシ代ですが、1枚当り(新聞折込料込みで)、私の経験から
5円~10円くらいかかるでしょうか?(エリアや配布枚数により異なります。)
仮に10万部を2回折り込めば、すぐ、100万などという金額が発生します。

固定資産にならない備品や消耗品といったら、調理器具や食器類、帳票や制服などでしょうか・・・。
意外とかかるかも知れませんね。

あと、オープンまでに先行してかかるアルバイト代や家賃。
朝、駅前でチラシを配らせて、その後、研修をさせてますよね。
また、いくら店舗改装がすばやくても、1ヶ月や2ヶ月の家賃は余分に必要でしょう。

不動産探索やアルバイト募集などにもコストはかかっています。

全部あわせたら、数百万以上かかるのではないでしょうか?

上半期だけで計算すると、おそらく新規11店舗の大半は赤字でしょう。
(私の計算では、直営1店舗当りの営業利益は800万円/年程度ですから・・・。
 これについてはまたいつか。)

ところが、下半期には、それほど出店計画はありませんから、
この出店コストが大幅に削減された上に、
(数百万円以上×11店舗=数千万円以上)
新規11店舗の利益が丸々乗っかってきます。
(おそらく800万円の半分×11店舗分=約4~5千万円)

ここまで説明すると、会計に詳しくない方は、「あれ?」と思うかもしれませんね。
「店舗の改装費や敷金、キッチンやテーブルのコストは??」

これについては、また次回。

↓瞬間2位まであったのですが、さすがに上位が本気出してきました。
↓今日もクリックお願いします。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


パイロットが急騰している

減価償却のお話に入る前に、ちょっとした異変がありました。

なんと、パイロットがたった2日で1割も急騰したのです。

バフェットの師であるグレアムは言います。
「たった一つ言える事は、急騰したら売り。暴落したら買いだ。」

また、私自身も、「噴けば売り」は20年間実践してきた投資法です。

ただ、このブログに関しては、この程度の急騰は無視することにしましょう。

私がこのブログで狙っていくのは数年で10倍といった山なんですから・・・。

ピーターリンチは何度も10倍高を取っています。
私は、このパイロットも10倍高が狙える銘柄と考えています。
(まだ、底値から4倍の付近ですから、あと、2.5倍は狙えるはず!!)

確かに短期的には売ったほうが正解かもしれません。
ここで売らなかったばかりに、1ヶ月は憂鬱になる可能性があるからです。
「ああ、あの時、売っときゃ良かった!!」

けど、そんなトレードのブログなら他にいくらでもありますから、
ブログとしての希少価値が下がってしまいます。

他と違うやり方で、高いパフォーマンスを上げる!!

これがこのカテゴリの最大の狙いですから・・・。
私は断固ここはホールドで行きたいと思います。

少なくとも今期アメリカで発売される
消えるボールペン「フリクションボール」のバカ売れを見届けるまでは・・・。

↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif
←新しい方は、ぜひ、世界一簡単な理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」も
←読んでいってください。

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


資産と費用の違い

このカテゴリはテーマを「株式入門」としていますから、
念のため、簿記の超基本である資産と費用の違いから説明します。


企業は、様々な企業活動をするに当たって、常にお金の出し入れが続きます。

社員が電車に乗ったら「交通費」
洗剤を買ったら「消耗物品費」
場合によっては、土地を買うこともあるでしょう。
自動車を買うこともあります。
どんぶりも買わないと・・・。

これらの「お金の出し入れが伴う企業活動」はすべて会計処理され、
最終的には、決算書の損益計算書か貸借対照表のどこかに記載されるのです。

例えば、交通費や消耗物品費は、
「一般管理費」として損益計算書上に一まとめにされています。

では、土地や株式はどうでしょう。
これも「一般管理費に入れていいでしょうか?」

そうですね。そんなものまで「費用」として損益計算書に入れるとおかしなことになってしまいます。

「今年は、1億円で土地を買ったから大赤字。 税金は払えません。」
などと言っても税務署が許してくれようはずもありません。

なぜなら土地は、価値が消えてなくなる類のものでは無いからです。

電車代や洗剤は使えば即、価値は消滅します。
けど、土地は(価格の変動はありますが、)
使ったからといって、価値が消滅したりはしませんね。
長く価値は持続します。

こういう類のものは費用ではなくて、資産としてカウントし、
損益計算書ではなくて、貸借対照表に表示されるのです。

よろしいでしょうか?
価値がすぐ消えるものは、「費用」として損益計算書行き。
価値が持続するものは、「資産」として貸借対照表行き。
(今回も、まずは大雑把に捉えてください。それが理解への第一歩です。)

では、自動車はどうでしょう?
自動車も使えばすぐに価値が消滅するものではありませんから、
「資産」となります。

中古車ショップに持っていけば、いくらかでは買ってくれますからね。

けど、長く使っているうちにだんだん価値は下がっていきます。
10年も乗ったら、ただ同然でしょう。

こういうものをいつまでも資産としてカウントしていたらおかしなことになってしまいます。
価値の無いものを資産としているのですから・・・。

かといって、一括で費用として「一般管理費」にぶち込むのも乱暴ですね。

「今年はベンツを10台も買ったから大赤字。税金は払えません。」
は、税務署も、庶民も許しません。
(もちろん株主も・・・)

そこで減価償却という制度があるのです。

自動車やキッチン、テーブルなどは、あらかじめ決められたルールで、
価値を毎年ちょっとずつ差し引くのです。
そして、その分を減価償却費として、
損益計算書上の「一般管理費」でカウントしていくのです。
(具体的には出店コストに絡めて次回説明します。)

じゃあ、どんぶりは?

ここから先は、やはり簿記の勉強を1からして下さい。
(どんぶりは通常、費用として処理できますが・・・)

バフェットは言います。
「会計はビジネスの言語だ。」

言語があるから、意思疎通ができるように、
企業の意思を掴もうと思ったら、会計は避けては通れません。

本当は高校生位で全員習ったって良いくらいです。
(ほとんどの日本人が英語よりしょっちゅう使っている言語なのですから・・・。)

↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif
←新しい方は、ぜひ、世界一おもしろい理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」も
←読んでいってください!!

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


減価償却の意味

ここまでの説明で概ね分かったと思いますが、
アークランドサービス社の場合、
その店舗の改装費、揚げ物を自動で作る機械オートフライヤー、
キッチン、テーブル、レジなどは、
すべていったん資産として処理します。

その上で、「減価償却費」として
毎月のランニングコストにカウントされるのです。

例で説明しますと、
仮に、そういった出店時の投資が1200万必要だったとしましょう。

これを仮に10年間で定額で均等に処理し、
10年後には資産の価値が0となるとします。
(ここもいつもの大雑把で行きます。)

この場合、
1200万円を10年で割って年間の減価償却費は、120万円。
これを企業のほうで月々のコストとして割り振ります。
120万円÷12ヶ月=10万円。

投資額としては大きな金額も、
四半期決算に与える影響は非常に小さくなるのです。

ただし、ここで株主として気をつけないといけないのは、
損益計算書上は小さなコストであっても、
「間違いなく大きな現金を支払った。」ということです。

先ほどの例で説明しますと、1200万円は現金が出て行ったわけです。
もし、この投資額すべてを借金でまかなっていたとしたら、
非常にリスクが高まることになります。

いつ銀行から貸しはがしにあうか分かりませんし、
もし、思うようにお店が流行らず、撤退ということになれば、
借金だけが残ることになります。

では、安全な投資額とはどれくらいなのでしょうか?

これについてはまた次回。

↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif
←新しい方は、ぜひ、目からウロコの理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」も
←読んでいってください!!


テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


キャッシュフロー計算書

「その会社がどれだけ儲けたか?」は損益計算書でわかります。
けど、「現金(CASH)がどう動いたかは?」は損益計算書だけでは分かりません。

エナフン理論で説明したとおり、株価は「儲け」だけ見てはいけません。
同時に「リスク」を見ないと適切な判断はできないのです。

いくら損益計算書上では儲かっていても、
もし、借金が増え続けていたとしたら、
それは、リスクが増大し続けていることを意味します。

昨今、次々と倒産している不動産会社なんかが、
まさにこのパターンです。
1年ほど前までの絶好調が嘘のようですよね・・・。

では、現金の動きは何を見ればよいのでしょうか?

それは、キャッシュフロー計算書を見れば分かります。

アークランドサービスの直近の有価証券報告書からキャッシュフローを見てみましょう。
アークランド営業CF
Ⅰ.営業活動によるキャッシュフローは、
いわば本業部分でどれだけ現金をかき集めたかを示しています。

アークランドサービスは1年間で7億の現金を本業で集めていますね。
1年前と比べると1億円減っていますが、大きな原因は税金にあることも分かります。
気にしなくて良さそうですね。

投資財務CF
Ⅱ.投資活動によるキャッシュフロー、この大半がこの会社の場合、
出店時にどれだけ現金が出て行ったかを表しています。(いつもの大雑把ですよ。細かい点は無視)
マイナス4.5億円。ということは、新しくお店を出したり、既存のお店を改装したりするのに、
4.5億円かかったとみて良いでしょう。
(逆にお店を売って現金を手に入れたらここの金額はプラスになります。)

先ほどの営業活動によるキャッシュフローが7億円の黒字でしたら、
出店や改装に4.5億円出費してもお釣がきますよね。
ズバリ安全といえます。

反対に、この「営業CF+投資CF」がマイナスになると黄色信号がともります。
けど、企業は時として、大きな投資をして、大成功をおさめることもありますから、
一過性のものならOKです。

ただし、継続して何年もこの「営業CF+投資CF」がマイナスであれば、赤信号です。

最後にⅢ.財務活動によるキャッシュフローですが、
これが、借金したり、借金を返したり、株を発行して集めたりしたお金の動きです。

マイナス55百万円ということは、それだけお金を返したということです。
この会社は去年ジャスダックに上場するときに投資家から現金を集めて、
それまで溜め込んだ借金を全額返済しました。

その事もここをみると良く分かります。

悪い会社はこの金額が継続してプラスになります。
つまり、借金体質ですね。

このようにキャッシュフロー計算書は、その企業の価値をはかる上で重要な資料ですから、
これも読めるようにしておきたいですね・・・。

↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif
←新しい方は、ぜひ、大好評の理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」も
←読んでいってください!!

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


販売費及び一般管理費の内訳

今回のアークランドサービスの中間決算で最も重要なポイントは、
販売費及び一般管理費の増大です。

今後も同様の新規出店で、売上総利益が2億ずつ増えたとしても、
販管費が2.6億も増え続けていったら、いつまで経っても儲かりません。

ここについては、少し突っ込んで分析する必要があります。

それでは、損益計算書上の販売費及び一般管理費は、
全くのブラックボックスなのでしょうか?

今回発表された中間決算短信だけでは、確かにブラックボックスです。
あれを隅から隅まで何回読んでも結論は出ないでしょう。

ただし、9月19日に公開される半期報告書では、
もう少し詳しく説明が入ります。
半期報告書提出日

期末の報告が有価証券報告書。
中間の報告が半期報告書。

まだ、半期報告書が出るまで1ヶ月あります。
私と同じようなスタンスで、ここに長期投資を考えているなら、
これを読んでからでも充分間に合いまうかも知れませんね。

けど、私はすでに買ってしまっていますから、
念のため、前期の有価証券報告書を見てみましょう。
販管費注釈

まず、私の常識を遥かに超えた特徴的な数字が一番上に出ています。

えっ?販売費の比率が48.8%ですって!!

売上72億の外食企業が15億も販売費に使っているなんて!!
(もし気になる方は、他の外食企業と比べてみてください。)

これだけ販売費を使っている会社なら、
新規オープンという最も重要なタイミングに
カネを惜しんでいるとは思えません。

かなり広告宣伝費にカネを使ったと考えられます。
この分は一時的なコストですから、
その分、下期で取り返すと考えられます。

次に大きいのは人件費です。
今回、新規店舗を61→74店舗と2割も直営店を増やしたのですから、
当然その分は増えてくると考えられます。
ただし、出店コストのところで説明したとおり、
タイムラグがありますから、上半期は人件費の割りに利益は出なかったと思いますが、
下半期は取り返してくるでしょう。
(下半期も、利益以上に人件費が伸びていたら要注意ですが・・。)

次に気になるのは賃貸料でしょうか?
もし半期報告書で、これが大きな原因としてコストアップしていたとしたら、
今期は、ちょっとしんどいかもしれませんね・・・。

最後に物流費や光熱費ですが、これも新規出店分は伸びると考えられます。
(もしガソリン高の影響で、物流費約2億円が仮に2割増加したとしたら、年間4000万円。
半期分だと2000万円のコストアップ要因です。
金額が比較的小さいので決定的要因とは思えませんが、
こういうものはボディーブローのように効いてきますから、
当然、無視はできません・・・。要チェックです。)

こんなことを想像しながら、9月19日には答えあわせをしたいと思います。

↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif
←新しい方は、ぜひ、主婦でも分かる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」も
←読んでいってください!!

つくづく思うこと

ここまでやってきて、つくづく思うのは、
「意外と企業分析って、難しいことなんだな。」ということです。

慣れた人は、当たり前のように出来ることなのですが、
いざ、1から説明しようとすると、
簿記の説明、資料の説明、財務分析の考え方、
同業他社や時系列での比較の仕方、
さらにそれらが株価にどう影響するのか?
などなど・・・・。
(到底このブログだけで説明しきれるものではありません。)

けど、この辺が理解できた上でないと、
ピーターリンチやバフェットを何回読んでも、
その本質には、行き着かないと感じ始めました・・・。

【ピーターの法則9】(株式投資の法則)
一つとして、等しく同じ株などない。

PERやPBR、成長速度のみを投資尺度として、
スクリーニングすれば、似たような企業はいくらでも引っかかってくるはずです。
しかし、ピーターリンチやバフェットが「よし」とする企業は
そういう指標だけ見ても、見つかりません。

エナフン理論で説明しましたが、
企業の収益と資産の価値だけでは、株価は正しく計れません。
リスクの大きさを比較できる力が必要なのです。

その為には、基本的な会計の知識が必要条件なんですね。

結局、こういう難しいことが面倒くさいので、
比較的わかりやすいチャートやテクニカル、材料性を根拠とした
いわばマネーゲーム的な投資スタイルが
パソコンの普及やネット技術の高まりに応じて
日本で定着してしまったのではないか?

そんな気がしてならないのです。

私が株を始めた20年前は、チャートを描くのも一苦労でした。
(方眼紙を買ってきて、日経の株式欄を見ながら、
モノサシでチャートを描いたものです・・・。)

ですから、そんな面倒くさいものはあまり流行っていませんでした。
(以前のチャートは窓なんて開きまくりでした・・・。)

しかし、今は証券会社の方で、チャートも自動描画してくれますし、
テクニカル指標もリアルタイムで表示してくれますから、
ずいぶん楽チンになりました。

それで、ちょっと流行りすぎてしまったと感じるのです。
(明星以外は、窓も大抵閉まります。)

↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif
←新しい方は、ぜひ、2時間でわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」も
←読んでいってください!!

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


先週の結果発表

080815.jpg
お盆休みで実家に帰っていましたので、少し結果発表が遅くなりました。

今週は、コメ兵・ALサービスが下げ継続。
パイロットが上げ継続となりましたが、
またまた総資産はマイナスです。

【ピーターの法則12】(株式投資の法則)
常に完璧な運用が出来るという妄想から救ってくれるのは、
株価の大きな下落である。

私は、たまたま1年ほど前から続く、
今回の下落局面をうまく乗り切ることが出来ました。

たまたま、3~1年前の上昇局面に、
鉄鋼株や不動産株で大きく取れましたので、
一旦資金の大半を株式市場から引き上げていたのです。

それで、調子に乗ってブログまで開設しましたが、
そんなにうまく行くものでもありません・・・。

そもそも、私は短期投資ではあまり目立った成功をおさめたことがありません・・・。

私の投資法では、いつも仕込んで数ヶ月~1年程度、
なかなか思うように上昇してくれない期間があるという特徴すらあるのです。
(新日鉄を400円付近で仕込んだ時もそうでした・・・。)

それにしても驚くのは、
丁度その局面その局面にピッタリな言葉を、
ピーターリンチがたった3冊の本の中に盛り込んでくれていることです。

気長に行きましょう。

↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif
←新しい方は、ぜひ、金融のプロも唸る理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」も
←読んでいってください!!

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


アーバンコーポレイション

せっかく資産や費用、キャッシュフローの説明をしましたので、
ここでは、先週倒産してしまったアーバンコーポレイションの決算資料を元に、
財務内容の悪い会社の見分け方を確認しましょう。

まず、直近の有価証券報告書から、
アーバン損益計算書
上3行の損益計算書抜粋資料だけ見るととてもその5ヵ月後に倒産する企業には見えません。
急成長企業です。

けど、下から4行目からのキャッシュ・フローを見ると、
この会社、ここ数年、全く本業でキャッシュを生み出していません。
その分を借金でカバーし続けていますね・・・。
(キャッシュフローについて忘れた方は、8/14の当ブログをもう一度読んでください。)

その結果である貸借対照表を見ると、
アーバン流動資産
とんでもない在庫を抱え込んでいます。
(コメ兵は4ヶ月分でしたよね。ここは2年分溜め込んじゃいました。)

アーバン負債
借金も溜め込んでますね・・・。
危険な水準といえるでしょう・

結局、この会社は最終的に非常に不利な借り入れまでおこし、
それを株主に黙っていたものですから、倒産した挙句、大問題になっています。

このように一見好調そうに見えても、財務体質の脆弱な会社は
極めてリスクが高いことがわかります。
2000円以上していた株価は、今日の終値で7円にまで下げました。

【20の黄金律の8番目】(ピーターリンチの株式投資の法則)
企業の財務状態を十分理解しないうちに投資してはならない。
財務体質の悪い企業への投資は大きな損失につながる。

PBR、PER、成長率だけではわからない重大な問題を
見分けられるようにしておきたいですね。

↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif
←新しい方は、ぜひ、とっても簡単!!理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」も
←読んでいってください!!

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


好調持続!!パイロット

18日にパイロットの中間発表がありました。
すでに、上方修正の発表がありましたので、安心はしていましたが、
日経が再度、好意的な報道をしてくれたので、
株価は逆行高です。

では、パイロットの公式サイトの業績推移から
パイロット決算ハイライト

コメ兵は、クリスマスで稼ぐのに対し、
パイロットは、新学期に大きく稼ぐことがわかります。

通期予想の経常利益65億は明らかに控えめですよね・・・。
また、どこかのタイミングで上方修正されそうです。

【ピーターの法則3】株式投資の法則
クレヨンで説明できないアイデアには、決して投資するな。

ピーターリンチは、単純でわかりやすいビジネスを好みます。

その点、パイロットのビジネスモデルは単純ですよね・・・。

「どこよりも良いボールペンを作って、世界で売る!!」

細くて、鮮やかで、液漏れしない、書き味の良いパイロットのボールペンは、
世界中で売れると思いますし、
あんなものでも、同じものを作ろうとすると、意外と難しいと思いますよ。
すぐに、韓国や中国のメーカーが真似して
価格競争を挑んでくるとは思えません。

消えるボールペンなんて、ずっと独占販売でしょう・・・。

気になるのは為替の動向くらいでしょうか・・・

↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif
←新しい方は、ぜひ、楽しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」も
←読んでいってください!!

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


偉大なる10倍高銘柄たち

ピーターリンチ?昔の人でしょ!!

なんだか、偉そうに10倍高、10倍高とか繰り返してるみたいですが、
それって、10年以上も前の話でしょ。
まだ、インターネットも普及してなかった時代の話!!

それになんだかんだ言ってもアメリカは国力が違うっしょ。
次々と移民を受け入れて、金融や政治に機動力があるアメリカなら、
そんな夢のような話もあるでしょう。

けど、少子高齢化で先は見えてるし、金融も政治も遅れている
今の日本で10倍高なんて、ありえない!!

そもそも、どこに10倍高した銘柄があるの?
10分の1になった銘柄ならいくつか知ってますけど・・・。

などと、ツッコミが入りそうですね。
そこで、今日からは、1週間ほど、
過去10年間に10倍高を達成した偉大なる日本の企業たちを
紹介しましょう。

ええ、もちろん、いっぱいありますよ。10倍高!!
あらゆる業種にあるといってもいいくらいです。

しかも、驚くほどピーターリンチが提唱している条件を兼ね備えていますよ。

さて、どれから紹介しましょうか・・・。

↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif
←新しい方は、ぜひ、大好評!!理論株価がわかるお話「エナフンさんの梨の木」も
←読んでいってください!!

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


ツムラ

まず、最初に紹介致しますのは、この方です。

株式会社ツムラ(4540)
ツムラ
どうです?見事な右肩上がりでしょ!!
2001年の底値が290円ですから、ちょうど今の水準で10倍付近です。

「げげっ!!ツっ、ツムラって、あの漢方薬のツムラ??
あんなのが5年で10倍高を演じていたとは・・・。
いったい、なぜ??」

実はこの会社ずいぶん苦労してきました。
業績が低迷した時期も長かったのですが、
経験と勘の世界だった「漢方」を、広く医療として解明し、
現在では医療用漢方薬のシェア80%を誇る、
「漢方の巨人」に成長しているのです。

詳しくは、ツムラ公式サイトを↓
http://www.tsumura.co.jp/zaimu/business/07.html

しかも、ピーターリンチが言ってる通りでしょ。

身近な企業:誰でも知ってますよね。
成熟産業:漢方は1800年前から続く、超成熟産業です。
もちろん、ファンダメンタルズを反映した上昇です。
買い続けなければならない商品も提供していますね。

漢方といえばツムラ。ツムラといえば漢方。

このように、○○といえば○○な会社に10倍高がいっぱいあります。

ボールペンといえば、パイロット!!
期待してますよ・・・。

↓おかげさまでお盆明け以降も2位をキープしています。
↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif
←新しい方は、理論株価の基本が解る「エナフンさんの梨の木」も
←読んでいってください!!

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


アシックス

続きましては、この方です。

アシックス(7936)
アシックス
うひょー!!すごい上昇カーブですね。
98年の底値は60円ですから何と30倍です!!
業績好調が鮮明になった2005年ごろ買ったって、
3倍は取れましたね。

「ぎょえ~!!アシックスって、子供のとき、『足っ臭~♪♪』って馬鹿にしてた
 あのアシックスかぁ~???
 とっくに終わってる会社と思ってた(唖然)。」

実は、この会社がある意味典型的な日本の10倍高パターンといえるでしょう。

バブル崩壊後の失われた10年で、
日本の企業はとことんまで贅肉をそぎ落とし、
それでも利益が見込めないため、海外に活路を見出しました。

もっとも消費者の目が厳しい日本の市場で、
もまれにもまれた優秀な製品は、
海外でも次第に受け入れられ、スリムな企業体質とあいまって
利益が飛躍的に伸びたのです。

オリンピック見ていると結構出てきますよ。
アシックス製品。

ピーターリンチの条件も揃ってます。
①誰でも知ってる身近な企業。
②成熟しきったスポーツ産業
③業績の急上昇とあわせて株価も急上昇。
④スポーツマンたちには無くてはならないものですよね。

パイロットや三菱鉛筆もこのパターンです。
頼むよ、ジェットストリーム!!

↓むむっ1位の梅ランさんにだいぶ近づいてきたゾ。
↓向こうは読者がめちゃ多いから本気出されたら、すぐ逃げられるけど、
↓ひょっとしてチャンス??
↓今日もクリックお願いします。
banner2.gif
←新しい方は、巷でうわさの理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」も
←読んでいってください!!

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


ヤクルト本社

続きましては、まだ10倍にはなっていないのですが、
ストーリーがとっても素敵なので、
特別にこの方に登場してもらいます。

ヤクルト本社(2267)
ヤクルト
98年の底値が500円ですから、7倍高を達成しています。
近い将来、10倍行くと思いますが・・・。

「ヤクルトォ~??
あのスワローズのヤクルトが7倍だって??
そんなのありえん。ありえん。
スーパーマーケット行ったって、
類似品だらけで、ヤクルトは明らかに割高だし・・・。
この飽食の時代に、あんな甘いもの飲んでる人いるの?」

この会社は、戦前戦後、まだ日本が貧しかった時代に、
子供たちを健康にしたいという思いから、
腸内で有用に働くヤクルト菌を飲料にしたことからスタートしました。

詳しくはヤクルト公式サイトを
http://ir.yakult.co.jp/houshin/profile/

ここも日本国内では売上げが頭打ちですので、
世界31カ国に販売網を広げて伸ばしています。

上記、創業理念から、ベトナムや中南米など
比較的貧しい国へも販売網を伸ばしている点が注目です。

しかも、この販売網というのがお馴染みのヤクルトレディーですからね。
現地人のヤクルトおばちゃんが、現地の子供やオフィスにヤクルトを配ってる訳です。

欧米だけがターゲットなら、いずれ市場を席巻してしまいますが、
世界の貧しい国々がターゲットなら、
もう無限に近いお客さんがいるわけです・・・。

ウォーレン・バフェットはコカコーラで大儲けしました。

コカコーラが自動販売機網で全世界に出たのに対し、
ヤクルトは、ヤクルトレディー網ごと全世界に進出です。

合衆国が誇る世界の清涼飲料メーカーが、コカコーラなら、
日本が誇る世界の乳酸菌飲料メーカーが、ヤクルトといったところでしょうか・・・。

↓やったー!!ついに1位だぁ~!!
↓皆さんクリック有難うございます。
banner2.gif
←新しい方は、楽しく学べる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」も
←読んでいってください!!




テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


あの実力派企業も・・・。

これまでご紹介した3社は、
ピーターリンチが言うところの業績回復株です。

悪いところから良いところへ一気に登りつめたので、
上昇カーブも強烈です。

けど、会社が大きく低迷することなく、
20年くらい伸ばしっぱなしみたいな企業も10倍高してます。

ピーターリンチがいうところの超成長企業や優良企業です。
これまた、○○といえば○○な企業ばかりですよ。

テルモ(4543)
テルモ
体温計のテルモです。
けど体温計は、仮の姿。
幅広く医療器具を売って、15年がかりで、10倍高です。

ダイキン工業(6367)
ダイキン
ぴちょん君のダイキンはエアコン世界2位。
ユニークな経営は経済誌でもよく紹介されていますね。
10年で14倍高!!

キャノン(7751)
キャノン
日本を代表する国際優良企業のキャノンも10倍高です。
さすがにデカい会社ですから、10倍高に20年もかかりました。
けど、他社が苦しんでいた失われた10年の間も伸ばし続けたあたりは
頼もしい限りですね。

「ううーむ。日本人なら誰でも知ってるような有名企業は、
消費者の目が厳しい日本市場で揉まれているから、
海外へ打って出ても成功する可能性が高いって訳か・・・。

日本市場は頭打ちでも、海外はまだまだ伸びる・・・。

あんたの言ってること、解ったよ。
確かにボールペンのパイロットも、
10倍高した6社と同じパターンだ。
百歩譲って、認めてやるよ・・・。(株価も好調みたいだし・・・。)

けどな、おっさん!!
あんた、とんかつやとか、リサイクルショップ買い込んでなかったか?

こんなの海外に出て行きっこないし、
外食なんて超飽和状態だって聞くぞ!!
(現に株価も下げてるやんけ。へっ!!)

内需産業で10倍高はありえねぇ~な!!」

などと、ツッコミが入りそうですね。

それでは、次回は、内需産業の登場です。

↓さすがに2位に逆戻りですね・・・。
↓けど、ここへ来てのクリック数の伸びは凄いです。
↓皆さん、クリック本当に有難うございます。
banner2.gif
←新しい方は、(ベテランも納得)理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」も
←ぜひ、読んでいってください!!

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


先週の結果発表

10倍高特集が盛り上がっていたので、
遅れてしまいました。
先週の結果発表です。
080822.jpg

「けっ、やっぱり、そうだ。
とんかつやリサイクルショップは下げてるやんけ。
だいたい、あんたリカク(利益確定)も、損切り(損失額確定の売却)も
遅すぎるんだよ。
俺なら、三菱鉛筆も1500円付近で売ってるし、
コメ兵もALサービスもとっくに損切れてるから、
プラスだね。(こんな腐った銘柄群でも・・・)」

などと、ツッコミが入りそうです。

しかし、ピーターリンチ的投資法においては、
そのように小まめな売買はご法度です。

利益確定については、
①投資した対象の状況が明らかに変わってしまった場合
②明らかに自分が間違えていた場合
③どうしても、もっと他に良い銘柄が見つかったとき
以外は、売るな!!
ということになります。

損切りについても、
①損切りはするな!!

です。

確かに既にご紹介した10倍高銘柄も、
良く見ると、5年とか10年とかといった単位では、
大上昇していますが、
数ヶ月とか1年といった単位では、
結構大きく下落しています。

「だから、チャートやテクニカルを頼りに
高値で売って、安値で拾えばいいんだよ!!」

と怒られそうですが、なかなかそうは行きません。

私の経験で恐縮ですが、
確かに高値付近で売るのは、それなりに可能です。
(先日のパイロットも、1週間というタイミングではあそこが高値でした。)
しかし、安値で拾いなおすのは、至難の業です。

いつ、どのタイミングで、急上昇を再開させるか?は
なかなか解らないのです。

しかも、半年とか1年といった期間を現金で待つというのも難しいですね。
つい、何か別な銘柄に乗り換えてしまいます。

2年ほどして気が付くと、売ったほうは大きく上げて、
持っているほうは、それほどでもない・・・。

ということを何度も繰り返しました。

ピーターリンチの名言
「花を引き抜いて、雑草に水をやる」
とはこのことです。

ウォーレンバフェットは言います。
「カトリック教徒の結婚のように投資をしなさい。 (一生添い遂げるつもりで)」
バフェットの教訓(8)

それでは、また、10倍高特集を続けます。

↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif
←新しい方は、楽しく読める理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」も
←ぜひ、読んでいってください!!

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


先週の結果発表

それでは、先週の結果発表です。
080829.jpg

仮にコメ兵やALサービスのストーリーになんら問題が無かったとしても、
誤解が解けるのには、まだ当分時間がかかるでしょう。

パイロットも誤解が解けるのに、ずいぶん時間がかかりました。

しかし、私はこのマーケットが誤解している時こそが、絶好の買い時と考えています。
(「コメ兵やALサービスを買え」といってるわけではありませんので、
誤解の無きように・・・。)

【バフェットの教訓(No81)】
我々がすべきことは単純だ。
他人が強欲なときに臆病になり、
他人が臆病なときに強欲になりさえすればいい。

ただ、最近少し不安になってきました。

というのは、仮に私のポートフォリオが結果的にすばらしいものであったとしても
それを証明するのに5年もかかっていたら、
いったいそれまでの間、このブログで何を書けばいいのだろう・・・。

一応、年内一杯はピーターリンチネタで充分引っ張れるとは思っているのですが・・・。
(その先を今のうちから考えておかねば・・・。)

それでは、来週は10倍特集のまとめです。
ピーターリンチ型以外にも10倍高した銘柄がありますので、
その辺を一緒に見ていきましょう・・・。

↓週末は一気に読者数が増えますね。
↓本当にいつもクリック有難うございます。
banner2.gif
←おじいちゃんでもわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もよろしくお願いします。

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


今週の結果発表

080904.jpg
今週はユーロが大きく下げました。
昨日バブルの話を書きましたが、常識というモノサシで判断すれば、
ユーロもバブル的でした。
私のポートフォリオはコメ兵も含めて、
ユーロ安に弱いという欠点があったのですが、
想像通りになってしまいましたね。

ただ、例えば三菱鉛筆は確かにユーロ安の影響を受けますが、
国内の販売はどう見ても絶好調なのです。

この会社は、この夏、全国のショッピングセンターで、
クルトガ&ジェットストリームの積極的な販売活動を展開しました。
KURUTOGA1.jpg
写真は近所のイオンモールで撮ったものですが、
文具販売には異例のテレビモニターを使っての大々的なものです。
(後姿は我が愛娘)

結果はご覧の通り、
KURUTOGA2.jpg
いーぱいあったクルトガは、早く次を入荷しないとまた品切れが起きそうな勢いです。

「アマの知恵でプロを出し抜く」ピーターリンチの投資法を実践している私としては、
ユーロが下げたくらいで、この株を売る気にはなりません。

受験生にとって、この秘密兵器はライバルに差をつけられないために
なくてはならないものなのでしょう・・・。

なくてはならないものや、軽いものを売っている会社は、
無傷で不況を乗り切る・・・。
ピーターリンチが言っている意味が良くわかります。

↓昨日の夜からカウンターを付けました。
↓以前1度付けていたのですが、1日の来場者が3~4名とあまりに少ないので、
↓恥ずかしくて、取り外していたのです。
↓ようやくこのブログも、1日100名以上来場してもらえるようになりました。
↓えっ?1位の割りには少ないな?ですって!!
↓そうなんです。来場者は少ないのですが、ほとんど皆さんクリックしてくださるのです。
↓皆様いつも本当に有難うございます。
banner2.gif
←新しい方は、「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください。

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


頼もしき友軍

短期投資においては、頼れるのは自分だけ。
敵は無限に存在します。

しかし、ピーターリンチやウォーレンバフェットが提唱する長期投資においては、
およそ3つの頼もしい友軍が存在します。

そして、敵は一人だけ。

友軍
①経営者や社員
②時間
③株式市場の乱高下


①己

ピーターリンチもウォーレンバフェットも
このことについては、全く同様の意見をお持ちのようです。

一方はユーモアたっぷりに。
一方は含蓄たっぷりに。

今回は含蓄の方で解説を進めたいと思います。

↓本日もクリック有難うございます。
banner2.gif
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。